このサイトは、管理人・なるじっちが所有する
   Super Dollfie(Volks/造形村)、DollClansなどのお人形と
   制作している布花についてのブログです。
   布花は阿藤雅恵先生 http://www.nunobana-ato.com/ に習っています。

   掲載の全ての写真の権利は管理人にあります。
   無断での転載、掲載はお断りします。
   My photos do not use without permission.

   当サイトと関連するテーマの日本国内サイトのみ、
   リンクフリーとさせていただきます。
   バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。
   banner.jpg

谷中の人気店・ひみつ堂さん。
少し暖かだった日に行ってみたら、同じことを考えている方がいっぱいでがっつり並んでいました。
どうしても食べたかったので一時間頑張って並びました。
私がひみつ堂さん行った中で一番並んだかも…

himitsu.jpg

行く前は別の蜜を考えていたのに、お店に入るとやっぱり苺に心惹かれてしまうのです。
今回は苺ミルフィーユにしました。
てっぺんのハートのパイが可愛いv
いちご蜜もたっぷり。中にも生のいちごが入っています。

gratan.jpg

ひみつ堂さんのもうひとつの楽しみはグラタン。
見て下さい、この大きな牡蠣!これが2つも入っているんですよ〜vvv
先にかき氷をいただいてから、グラタンで身体を温めて帰りました。


仕事の疲れをおいしいもので癒したので、土日は布花作りに精を出せました。

sakura.jpg

小さな桜で春を先取り。

aibe.jpg

アイビーの冠はドルパ用の試作です。

rose0219.jpg

これもドルパに向けて100本ノック中のバラ。
今週は過去に染色のレッスンで染めっぱなしだったものを完成させました。
このくらいの大きさのものは、なんとなく様になってきたような気がします。

今年入ってから仕事の繁忙期やらなんやらが重なり、思うようにお花を作れていません…
ですが今年は薔薇を頑張る!と決めたので、隙間時間でちょこちょこと作っています。



今年最初のレッスンはヌメの艶が美しい大輪の薔薇でした。



一重のバラは昔習ったものの復習です。



染色の練習で青や紫に染めた花弁も組みました。



花弁をしっかりヘリ返しした大輪の薔薇は、先生の先生であるるい先生のお名前を冠した「るい薔薇」として御本に載っています。

薔薇はいくら作っても納得できるものがまだ作れません。
今年は一本でいいから、これは良い出来!と言えるような薔薇を作るのが目標です。

先日のセミオーダーではたくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました!
多くの方にお申し込みをいただきながら、初めての試みであったため3名の方のみとさせていただきました。
選外となってしまった方には、本当に申し訳ありませんでした。
いただいたオーダー内容でも、カチューシャに比べ花冠が格段に人気であることが分かりましたので、今後も継続して制作していきたいと考えております。
セミオーダーもまた機会を設けたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回オーダー内容を拝見していると、オーダー内容もですが指定の仕方も千差万別で、皆様イメージをどう文章に表そうと迷われたんじゃないかな、と感じられました。
そのため、セミオーダーをお受けしたお三方にご協力をいただき、オーダー内容と写真を見本として掲載させていただくことにしました。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【幼SD、MSDサイズ カチューシャ】

order-1.jpg

order2-doll.jpg

●オーダー内容
 メインカラー:クリームとピンク系で薄い感じで。
 サブカラー:白系で葉っぱは無し
○白蓮ちゃんお迎え記念、とお伺いしていたので、白い子に似合うように淡い色のお花を組み合わせて作りました。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【SDサイズ花冠】

order-2.jpg

order3-doll.jpg

●オーダー内容
 メインカラー:アンティークワイン、アンティークワイン(赤の強いもの)、ミニバラ・ブラック。個数はおまかせ。大人っぽいお姉さんや男の子にも使えるよう、シックな雰囲気を希望。
 サブカラー:黒系希望だが重くなりすぎないよう、明るい色や鮮やかな色も使ってOK。葉っぱ有り。
 リボン:グレー
○黒系でも重く見えないように、とのオーダーでしたので、サブは小花を多めに入れています。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


【SDサイズ 花冠】

order-3.jpg

●オーダー内容
 メインカラー:アンティークピンク
 サブカラー:葉っぱは必ず、ライラック濃紫も出来れば入れる
 リボン:グレー
○メインのピンクのバラとサブのライラック濃紫の色を繋ぐように小花の色を選んで入れました。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今まで自分が思うように作るばかりだったので、いただいたオーダーを形にする、というのはとても難しかったです。
嫁ぎ先の子に似合ってくれるといいなあ。


前回記事アップ後、ツイッターに流した参考写真などまとめますね。



色の組み合わせの参考です。左から
薄ピンクメイン・サブ濃紫、
白メイン・サブピンク系、
アンティークワイン(赤)メイン・サブ紫、
アンティークワイン(黒)、サブピンク系




幼・MSDサイズのカチューシャをMSDが着けたバランスはこんな感じです。
柔らかいワイヤーで作っているので、ヘッドサイズに合わせてある程度は調整可能です。



SDサイズ花冠のMSD着用例。
すっぽりかぶる感じになりますが、20番ヘッドはMSDの中でも大きめかと思うので、小顔の子はやっぱり幼・MSDサイズにしてリボンで調整するのが良いかもしれません。



秋薔薇の季節です。
今年の春は京成バラ園に出掛けましたが、今回は神代植物公園に出掛けてきました。

DSC01070.png

土曜日は朝8時から開くということでしたので、がんばって早めに到着。
混んでいるかと思いきやそれほどでもなく、まだ朝露の残るバラを楽しんで来ました。

DSC01071.png

秋のバラは春のに比べて小さめなのかも?

DSC01109.png

バラをつくるときの資料に、と思ってマクロレンズを持っていきましたが、あまりマクロ感を感じられない写真ばかりです!

DSC01093.png

香りが感じられる品種には香りマークがついていました。
嗅ぎくらべるうちに、華やかな香りのもの、落ち着いた香りのものといろいろあることが私の鼻でも分かるように♪
でも紅茶の香りがするっていうのだけはよく分からない…

DSC01111.png

紫のバラといえば速水さんですね!
花に全く興味のなかった若かりし頃(笑)、勤めていた会社を辞めるときに「花束なにがいい?」と聞かれて、適当に「紫のバラ」と答えたら本当に花束に入れてくれていたのが今でも忘れられません。
当時青系のバラは今よりずっと珍しかったと思うのですが、わざわざ取り寄せてくれたのかな…

DSC01081.png

ババヘラアイスみたいなバラも!

DSC01115.png

せっかくマクロレンズを持っていったのに、寄って撮ったのはこれくらい。
朝日が眩しすぎて、陰影が激しくなってしまい、撮るのがなかなか大変でした(^^;


バラ園も素敵だったのですが、有名な大温室やダリア園も楽しんで来ました。

むし

食虫植物はなかなかグロテスクでしたね…
これはまだ可愛く見えるかな。

ベコニア

はじめバラと勘違いしたベコニアも素敵でした。

ダリア

密に詰まった花弁の美しいダリアはやはり迫力があります。

日頃から布花で花が身近に感じられてはいるのですが、布花では感じられない香りや色の変わった花弁、びっしりと茎を埋めるトゲに、やっぱり生きている花ってすごい!と思うのでした。
その流れで心を惹かれたのが、切り花のバラ10本1000円…!
欲しかったけど、帰りに新宿に寄る予定があったので見送ることに…
京成バラ園でも売っていたけど、こんな安くはなかったので、これはやっぱり都立の強み?

そして帰るときになって気が付きました。
めっっっっちゃ混んできてる!?
通常の開園時間に前後して、かなりの人が園内に入ってきました。
8時開園は限られた日だけなので、もしかするとあまり知られていないのかも…
バラの期間にお出かけになるときは、開園時間を見ておくといいかもしれません(^^)