このサイトは、管理人・なるじっちが所有する
   Super Dollfie(Volks/造形村)、DollClansなどのお人形と
   制作している布花についてのブログです。
   布花は阿藤雅恵先生 http://www.nunobana-ato.com/ に習っています。

   掲載の全ての写真の権利は管理人にあります。
   無断での転載、掲載はお断りします。
   My photos do not use without permission.

   当サイトと関連するテーマの日本国内サイトのみ、
   リンクフリーとさせていただきます。
   バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。
   banner.jpg

少し間が開いてしまいましたが、花の旅の続きです。

今回の旅はもともと、桜ではなく椿を目当てに計画したものでした。
なので、椿と紅葉の時期しか拝観できない霊鑑寺の公開時期に合わせて日程を組んだところ、うまい具合に桜の満開の時期が重なってくれた感じです。

というわけで、着いてまず向かったのが哲学の道。
しかしお天気は土砂降り…
哲学の道といえば桜並木が有名ですが、もう桜は散り気味で、雨のせいか観光客もまばらでした。
とりあえず目的は椿なので、桜はあとまわしに坂の上の霊鑑寺へ。

霊鑑寺は「谷の御所」と呼ばれ、歴代皇女が住職を務めたお寺です。
創建に関わった後水尾天皇が椿を好まれたことから、たくさんの椿が植えられているとのこと。
毎年三月下旬から四月上旬に拝観することができます。

DSC09157.jpg

しかし、とにかく雨がひどくて…階段は滝、道は川、普段水がないという池にはたっぷりと水が溜まっているという、ある意味滅多に見られないお庭を回ることになりましたw
お寺の方のご好意で手荷物を預かっていただき、カメラだけ持って回ったのですが、MFレンズしか持っていかなかった私はろくに写真を撮れませんでした…

DSC09168.jpg

辛うじて撮れたこの椿は、軒下から撮ったもの。

DSC09159.jpg

お寺のいたるところに、椿があしらわれていました。
中まで赤いこの椿は「日光(じっこう)椿」という種類。
白い「月光(がっこう)椿」もあって、並んであしらわれているのを撮ったつもりだったのですが、データが見当たらない…

あまりの雨に凍えた我々は、お隣のもうひとつの椿の名寺・法然院さんを忘れてしまいました。
実は法然院さんの公開はこの日でおしまい…翌日行って、ファアア!!!!となったのでした。

翌日は雨も止み、心残りの椿をもう一度見にいくことに。
前日の人気のなさが嘘のように、たくさんの方が椿を見に来ていました。

DSC09160.jpg

前日とは違う椿が挿してありました。

DSC09325.jpg

御朱印所にも昨日はいなかったわんちゃんが。大人しくて良い子でした!

DSC09329.jpg

前日の雨で桜はすっかり散り、落ちた椿と一緒に苔を彩っていました。

DSC09344.jpg

DSC09347.jpg

DSC09363.jpg

お寺の方曰く、やはり椿も今年の暖かさで早く開いてしまったとのこと。
その代わり、いつもの拝観時期には咲いていない黒椿が満開ですと教えてくださいました。
残念ながら木が高く小さな花で、私のレンズではうまく撮れませんでしたが、黒に近い赤色の椿はほかの艶やかな椿とは違う凛とした雰囲気の、簡単に言うととても私好みなお花でした。

つまり来年うかがったら、また違う椿が見られるということですね。
これはぜひ、今回見られなかった法然院さんの椿や昨年早すぎた北野の地蔵院さんもあわせてリベンジしなくては!と思うのでした。

花の旅、次回は滋賀の桜をご紹介します。
布花も作っておりますよ…!


  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hosekihime.blog26.fc2.com/tb.php/49-74381a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)