このサイトは、管理人・なるじっちが所有する
   Super Dollfie(Volks/造形村)、DollClansなどのお人形と
   制作している布花についてのブログです。
   布花は阿藤雅恵先生 http://www.nunobana-ato.com/ に習っています。

   掲載の全ての写真の権利は管理人にあります。
   無断での転載、掲載はお断りします。
   My photos do not use without permission.

   当サイトと関連するテーマの日本国内サイトのみ、
   リンクフリーとさせていただきます。
   バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。
   banner.jpg

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この簪、昨年秋の曼珠沙華からご一緒しているおもて屋のべむさんとのコラボの集大成だと私は思っています。

DSC08035.jpg


曼珠沙華はいろいろな別名があり、「狐花」もそのひとつです。
べむさんの狐面とのコラボも、ご一緒した旅先で見た美しい曼珠沙華がはじまりでした。
なので、この簪は本当に本当に作りたかったものが作れた!という思いでいっぱいなのです。

という私のうざったい思い入れ語りはこのへんにしてw

DSC08037.jpg

この簪の曼珠沙華は、今回頒布する他の曼珠沙華とは違い、縮緬で作っています。
なので和風の質感がより増しているのではないでしょうか。

DSC08040.jpg

べむさんの狐面は黒と金。あえて目は入れていないとのこと。
飾るビーズはコットンパールとローズクオーツ、スワロフスキーが主体となっています。

DSC08028s.jpg

実際に髪の毛に差すとこういう感じです。
この後にもう一本チェーンを追加しているので、あくまでバランスの見本としてご覧いただければ。
お箸でくるくるっと髪の毛を纏めてから、お団子部分に飾りとしてこの簪を差しています。
どうやらこの簪だけで纏めるのは難しそうです。

DSC08043s.jpg

その代わり?お人形のアイテムにも流用できそうですw
狐面のサイズはこれくらいですよ〜という見本のつもりで、うちの1/6佐吉ちゃんに持たせたのですが、御稲荷様の巫女姫さんのようになりましたw

こちらの簪は一本のみとなります。
狐面はある程度の耐水性はあるそうですが、布花はいつもの通り水には弱いので(水がかかると散ってしまいます…)、雨の日のご使用はくれぐれもお気をつけくださいませ。
良いご縁がありますように!


  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://hosekihime.blog26.fc2.com/tb.php/11-d04bf46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。