このサイトは、管理人・なるじっちが所有する
   Super Dollfie(Volks/造形村)、DollClansなどのお人形と
   制作している布花についてのブログです。
   布花は阿藤雅恵先生 http://www.nunobana-ato.com/ に習っています。

   掲載の全ての写真の権利は管理人にあります。
   無断での転載、掲載はお断りします。
   My photos do not use without permission.

   当サイトと関連するテーマの日本国内サイトのみ、
   リンクフリーとさせていただきます。
   バナーはダウンロードしてお持ち帰りください。
   banner.jpg

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DSC00872.jpg

お人形サイズの彼岸花が販売予定数分完成しました!

aka1.jpg

まずは赤い彼岸花。
過去の販売でも人気だったので、今回一番数を作りました。

aka2.jpg

写真の2輪は、一番小さめのものと一番大きいもの。
色も赤と一言でいっても明るめ、渋め、シベの色や長さで大分違って見えると思います。
ひとつひとつ、試行錯誤しながら染め、型紙を切って作っていったものですので、個体差ではなく個性と受け止めていただければ幸いです。
販売時には分かりやすいよう、特徴を書いたふせんを着ける予定です。

aka3.jpg

赤い彼岸花は基本的にすべて茎を茶色にしていますが、一本だけ試しに緑にしたものがあります。
本物の彼岸花の赤と緑のコントラストは私も好きなのですが、布花にするとやっぱり毒々しさが勝ってしまうな〜と、この一本だけに留めました。


今回の新色、黒い彼岸花は、赤と黒の模様の入った着物の端切れを表に使い制作しました。

kuro1.jpg

kuro2.jpg

裏地とシベの赤、表地と茎の黒がかっこよくて、つい多く作ってしまいました!

kuro3.jpg

これも一本だけ、シベを臙脂よりの赤色にしたものを作りました。
赤いシベのものと並べると「赤と黒」のイメージがさらに強まります。


siro1.jpg

白い彼岸花も少しだけ作りました。
赤に比べると地味に見えるかもしれないのですが、赤い彼岸花のなかにすっと咲いている様がなんともいえず好きです。

siro2.jpg

白も一本、表地は着物の端切れ、裏地の先だけうっすらとピンクに染めたものを作っています。
見えるか見えないかの艶を感じていただけたら嬉しいです。


以上、18日に販売する20本(+撮影枠で彼岸花付きプランを選ばれた方分)のご紹介でした。
通常サイズの彼岸花も何本か販売できるものもありますが、それはまた別の機会に…。

これにて彼岸花展用の制作はひと段落、事務作業や飾り方を詰めていきます。
いろいろ不安はありますが、あと半月がんばります〜
スポンサーサイト


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。